どうも、まさひろです。

今日も元気に情報を配信していきます!

 

あなたの書いた記事を訪問して下さった方に読んでもらうためには、

まずは読みやすい記事であることが重要になってきます。

 

「そうは言っても、どうすれば読みやすい記事が書けるんだろう?」

「読みやすい文章を書けるほど文章力に自信がない。」

 

こう思うかもしれません。

 

たしかに読みやすい記事を書くためにはある程度の文章力が必要になってくるので、

すぐにできるわけではありません。

 

ただ、文章力があれば必ずしも読みやすい記事になるといったわけでもありません。

逆に文章力があまりなくても読みやすい記事を書くことは十分可能です。

 

そこで、文章力があまりなくてもあなたの記事が

読みやすくなる簡単なポイントをいくつか説明していきます。

 

 

 適度に改行を入れる

 

 

記事を書く際、まず一番最初に気を付けることは、

適度に改行を入れるようにしましょう。

 

例えばこんな感じです。

 

悪い例

アフィエイトというと、「自分の好きなときにできる」や「初期投資がほとんど掛からない」などのメリットがあります。ただ、簡単には稼げないといったデメリットもあります。すぐに稼げると思って始めたが為に、ちょっとやって結果が出ないとすぐに挫折してしまうといった人が結構多くいます。そんなにかんたんに誰でも稼げるほど甘くはありません。安定して稼いでいくためには、正しい方法を学んできことが大切です。そのためにも、自己流でやるのではなく、教材などに自己投資していくことをおススメします。

 

良い例

アフィリエイトというと、

「自分の好きな時にできる」

「初期投資がほとんど掛からない」

などのメリットがあります。

 

ただ、簡単には稼げないといったデメリットもあります。

 

すぐに稼げると思って始めたが為に、

ちょっとやって結果が出ないとすぐに挫折してしまうといった人が結構多くいます。

 

そんなにかんたんに稼げるほど甘くはありません。

 

安定して稼いでいくためには、正しい方法を学んでいくことが大切です。

 

そのためにも、自己流でやるのではなく、

教材などに自己投資していくことをおススメします。

上の二つの文章を見比べて頂ければわかると思いますが、

悪い例のように改行をしないで文章をつなげて書いてしまうと

とても見づらくなってしまいます。

 

ですので、良い例のように適度なところで改行を入れるようにしましょう。

 

改行を入れる場所としては、

「、」「。」などの句読点で入れると違和感がない文章に仕上がります。

 

また、話の内容が変わる時などには、少し多めに行を開けることで、

読者の方にも

「ああ、ここで内容が変わるんだ。」

とわかってもらえます。

 

ただしあまりやりすぎると縦長の記事になってしまい、

スクロールをたくさんしなければならなくなり、

逆に読みづらい記事になってしまいますので改行は適度にするようにしましょう。

 

 

 画像などを使う

 

 

文章のみの記事だと読者の方がどうしても飽きてしまうので、

適度な間隔で画像などを入れてあげましょう。

 

画像をいれることで読者の方の視覚に強く残りますし、

記事のテーマがイメージしやすくなるのでとても有効的です。

 

ただしイメージ画像を使う際は、あまりにもテーマと関係のない画像を使ってしまうと

逆に伝わりづらくなってしまうのでなるべくテーマに沿った画像を使うようにしましょう。

 

また、ハウトゥー系などように何かの設定方法などを説明する際には、

文章だけで説明するよりも実際の画像を添付するほうが断然伝わりやすいです。

 

 

 文字を装飾する

 

 

文字の大きさや色を変えるのも効果的です。

 

基本的には黒系の色で記事を書いていると思いますが、

ずっと同じ色だけだとどうしても単調になって読者の方は飽きてしまいます。

 

読者の方を飽きさせないためにも、あなたが強調したいことや、

重要だなと思う部分は色や大きさを変えて表示するようにすると、

記事にメリハリがついて読者の方が飽きずに読み進めようと思ってくれます。

 

例えばこんな感じです。

 

文字の色を変える

 

背景に色を付ける

 

文字をマーカー線で装飾する

 

文字の大きさを変える

 

ただ、あまりやりすぎると

どの部分を強調したいのかがわからなくなってしまうので、

目安としては一画面に一か所か二か所ぐらいにしたほうがいいです。

 

また、余るたくさんの色を使ってしまうと派手すぎて、

逆にストレスを与える記事になってしまうので、

出来れば2~3色ぐらいにしたほうがいいです。

 

 

 投稿前に見直す

 

 

投稿前に必ず読み返すようにしましょう。

 

記事をかいてすぐに投稿してしまうのではなく、

もう一度最初から読み返すことで誤字脱字、または表現などが適切かどうかを確認できます。

 

あまりにも誤字脱字が多いと読者の方はあなたのことを信頼してくれなくなってしまいます。

 

ですので、書き終えたら投稿前に必ず読み返すようにしましょう。

 

また、読み返すタイミングとしては、

少し時間をおいてから確認するとより効果的です。

 

書いてすぐだとどうしても書き手目線で読んでしまいます。

そうならないためにも時間を置き、読者目線で記事をチェックするようにしましょう。

出来れば1日くらい経ってから読み返すといいでしょう。

 

 

 まとめ

 

読みやすい記事をつくるには文章力ももちろん必要ですが、

文章力はいきなり上達はしません。

 

それこそ記事をたくさん書き続け、少しずつ上達していくものです。

 

ただ、今回紹介したような方法はやろうと思えばすぐにでもできるものばかりです。

ですので、まずはすぐにできることから始めてみてはいかがですか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


アフィリエイトランキング

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

ランキングの参加しています

応援クリック頂けると励みになります